総量規制をしっておこう|お金借りる即日SUGU

お金借りるなら総量規制をしっておこう!

どの金融会社のカードローンを利用してお金借りるさいには、いくらでもお金を借りられる訳ではありません。必ず利用者各人によって借りられるお金の上限、リミットというものはあります。そして、利用者によって、その上限額は変わります。その一方で、どんなに年収が多くても少なくても、共通する借入リミットというものがあります。そして、このリミットを知らないと、思わぬところで「お金が借りられない…」といった困った事態になってしまうことがあります。

 

総量規制はお金借りる上での“共通ルール”

平成22年6月の貸金業法改正に伴って導入されたのが「総量規制」なんです。
そして、総量規制は、過剰にお金借りるのを未然に防ぐために導入された共通ルールでもあるのです。

 

総量規制とは

年収の3分の1までしか融資できないルールとなり、どんなに頑張っても年収の3分の1以上の借金は無理となりました。具体的に言えば、年収300万円の人だと、総量規制では100万円が借入上限となります。また、年収600万円だと200万円までが融資リミットとなるのです。さらに言えば、総量規制は、単にカードローンだけの借入に適用されるのではなく、クレジットカードのキャッシング枠利用にも適用されるので注意が必要なんです。
たとえば、先の年収300万円の人だと100万円が融資上限となり、カードローン会社からは50万円しか借りていなくても、複数のクレジットカードのキャッシング枠利用の合計が50万円あると、合計して100万円となるので、総量規制いっぱいとなって新規カードローンの借入はできなくなるのです。
ただし、クレジットカードのショッピング枠利用と「おまとめローン」利用については総量規制の対象外となります。そして、この総量規制は、消費者金融のみ対象となり、銀行カードローンは銀行法によって融資が規制されるので総量規制の対象外となります。

 

総量規制導入によって借り難くなってしまった人っているの?

総量規制は、“収入あることが大前提!”となります。そのことから、無収入の人だと総量規制の対象となる消費者金融ではお金借りるのができなくなりました。なぜなら、無収入の人は、“収入ゼロ”となるので、年収の3分の1まで融資できるベースとなるものがありませんので、結局「収入ゼロ=借入額ゼロ」となることで審査に通せなくなるのです。そして、この総量規制の煽りを一番喰ってしまったのは、無職無収入の専業主婦の利用者だったのです。
総量規制の導入以前では、無収入の専業主婦でも他の利用者と同じく消費者金融で融資を受けられました。が、専業主婦の利用者であった少なくない人が返済不履行になってしまったのです。そこで行政は、消費者金融による過剰融資に歯止めをかけるために貸金業法を改正して総量規制の導入を決めたのです。
一方で、銀行は、銀行法で融資が規制されるので、総量規制の対象外になります。無収入の専業主婦でも夫の年収を担保にできれば利用可能となります。