お金借りる即日SUGU|急にお金が必要な人のキャッシング

指定信用情報機関について

キャッシングを利用したことがある方なら、一度くらいは「指定信用情報機関」あるいは「信用情報機関」という言葉を聞いたことがあると思います。カードローンでキャッシングする時は、誰でもこの指定信用情報機関の洗礼を受けることになります。指定信用情報機関の概要くらいについて知っておくことは、これからどこかでキャッシングしようと考えている人にとって重要な事となるのではないでしょうか。

 

指定信用情報機関とは?

 

「指定信用情報機関」とは、内閣総理大臣によって指定される法人組織であり、カードローンやキャッシングを利用した方々の個人情報を管理するところと言ってよいでしょう。具体的な個人情報としては、氏名・生年月日・勤務先・勤続年数といった個人属性情報に加えて、契約関係および返済状況、借入残高の有無等の「クレジット情報」、さらに返済の延滞記録や債務整理の記録といった「利用記録情報」となります
つまり、キャッシングに関するすべての記録が網羅されていると考えて下さい。そして、消費者金融でも銀行でも、カードローンやキャッシング審査を受けたときは、必ず金融会社がこれら指定信用情報機関に与信をかけて申込者の“個人情報=信用情報”を調べるのです。そのことから、キャッシング利用やカードローンの利用において、なにかしら問題を起こしていると必ず審査の過程でばれてしまいます。そして、指定信用情報機関での与信情報で金融ブラックであったりすると審査に落とされてしまうことになります。

 

消費者金融や銀行はどんな「指定信用情報機関」を利用しているの?

消費者金融は、消費者金融が利用する「指定信用情報機関」があり、銀行は銀行が利用する「指定信用情報機関」というものがあります。そして、原則として、銀行は消費者金融が利用している指定信用情報機関に与信をかけて調べることはないようですね。また、その逆もないと言ってよいようです。

 

プロミスやアコムなどの大手消費者金融が利用している指定信用情報機関としては、【JICC(日本信用情報機関)】と【CIC】の2つとなります。共に記録管理する個人情報については、ほぼ同じとなり、先に触れた個人情報の内容となります。そして、【JICC】と【CIC】では、金融ブラック情報などの個人情報は、5年間ほど記録として残るようです。
ただし、ブラック情報に関しては差異があり、返済遅延のブラックだと1〜3年間くらい、任意整理などの債務整理のブラックでは5〜7年間ほど、そして自己破産の場合は10年間くらい記録として残されるようです。そして、ブラック情報が指定信用情報機関に残っている間は、どの金融会社でもお金は借りられません。
銀行の指定信用情報機関は【KSC(全銀協)】となります。そして、【KSC】の場合、個人情報は10年間ほど残ります。また、金融ブラック情報については、一応の目安として先の【CIC】 や【JICC】の場合と同じくらいの期間に亘って名前が残ってしまうと考えていただければ良いと思います。