即日にお金借りる時の金利|お金借りる即日SUGU

即日にお金借りる時、金利も気にするべき?

「即日にお金を借りる時って、金利とかにも気を配った方がいいの?…」と質問されたら、答えは「もちろん金利にも注意された方がいいでしょう!」となりますね。なぜなら、お金借りる時には、「金利」は特に気を配りたい点となるからです。だって金利が低ければ低いほど、借りた後の返済負担が軽く済むからです。

 

即日融資と低金利は両立可能なのか?

最初に考えてみたい点は、「即日融資と低金利って両立できるのか?…」との疑問でしょう。
たとえば、即日にお金借りることを重視したキャッシングなら、キャッシングの借入先は、消費者金融カードローンになると言ってよいのです。“即日キャッシング”は、消費者金融カードローンの代名詞と言っても過言ではないからです。プロミスやアコムなどの知名度の高い大手消費者金融なら、すべて即日に融資を受けられます。
一方、金利面を考えてみると、銀行に比べて消費者金融は金利が高めとなります。たとえば、即日融資可能の【プロミス】は、金利が年4.5〜17.8%となります。が、【みずほ銀行カードローン】だと金利は年4.0〜14.0%となるので、プロミスの金利の高さは明白と言えるでしょう。そして、一般的に即日融資に対応したカードローンは、金利が高めになると考えてよいのです。その理由としては、即日融資をするためには審査を早くする必要があります。審査を早くするためには簡易審査となります。そして、簡易審査でお金を貸す場合には、“信用貸し”のリスクが必然的に高くなります。信用貸しリスクが高いということは、貸倒れになってしまう危険性が高いということなんです。そして、即日融資が可能となる消費者金融では、この信用貸しリスクをヘッジするために金利を高めに設定することになるのです。その観点から言うと、“即日融資と低金利”を両立させるのはとても難しいと言えるでしょうね。

 

“即日融資+低金利”を実現するのは「銀行カードローン」

そうは言っても、即日融資しても是非とも金利にはしっかり気を配りたいものです。なぜなら、いくら即日に融資を受けられても、金利が高いと後々に返済で苦労することになってしまうからです。そこで即日融資と低金利をバランスよく両立させたカードローンとして、「銀行カードローン」をおすすめしたいのです。

 

銀行カードローンは、一律に低金利と言えます。銀行カードローンの金利は、年4%台〜14%台となるので、消費者金融カードローンよりは低金利となります。そして、数こそあまり多くはありませんが、銀行カードローンの中でも即日融資に応じてくれるところがあります。ただし、銀行カードローンの即日融資の場合には、消費者金融で即日融資を受けるよりやや面倒な点があります。それは即日融資においては、申込時間帯の縛りに加えて付帯条件が課されるからなんです。
たとえば、【みずほ銀行カードローン】で即日融資を受けるためには、「窓口申込」と同銀行に口座をもっていることが条件となります。それゆえ、みずほ銀行で即日に融資してもらうには、必ず店舗窓口まで出向く必要があります。消費者金融カードローンのように、すべてWEB上で完結させて来店不要で即日にお金を借りることはできません。